綯屋 しめ飾り「百足」

Category : ホーム暮らしのもの綯屋 しめ飾り「百足」

Group : ホーム 編み組み


七福神の一柱で戦いの神様でもある毘沙門天の使いといわれる百足(ムカデ)を模したしめ飾り。害虫を食す家の守り神、たくさんの足を持ち、後退しないムカデには「前進」というメッセージが込められているのだとか。稲作の文化が始まって以来、お米をいただくということと合わせ、稲藁を用いた暮らしの道具が作られてきました。自ら田んぼで稲を育て、身の回りの道具に仕立てる綯屋(naiya)・横畠梨絵(ヨコハタリエ)さん。独特の審美眼とその造形力から生まれた作品は、凛とした美しい表情を持っています。2021年、新しい年を一緒にお迎えください。

・素材:稲藁
・サイズ:約幅60 x 高さ55cm
・作り手:綯屋(東京都)

: : : 素材の特性とご使用上の注意点 : : :
・ひとつひとつ手仕事のため寸法はおおよそのものとお考えください。稲藁の色味は畑の違いや品種の違いにより、風合いが少しずつ異なります。自然のものの表情としてご理解、ご了承の上ご注文ください。
・直射日光を避けて風通しの良い場所に保管してください。
・濡れた場合は水分をしっかりと拭き取り、風通しの良い場所で良く乾かしてください。
・気になる場合は直射日光に1〜2時間当て、たまに虫干しします。日光の当て過ぎは劣化の原因となりますのでご注意ください。



型番 NIY-011
定価 3,500円(税込3,850円)
販売価格

3,500円(税込3,850円)

在庫数 売切れ中です
SOLD OUT

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

shopping cart

カートを見る

search

categories

information

店のご案内・お知らせについて
ウェブショップのお買い物について
お問い合わせメールについて
クレジットカード決済について
小さなお子さま連れのお客さまへ

mail magazine

links

Calender

今月の予定はこちら

feeds

RSS
ATOM